iRecovery Stickなどコンピュータ調査製品の日本公式ウェブサイト
sales@paraben-sticks.jp

Windows Breaker – Q&A

よくあるご質問

その他の良くあるご質問・トラブルシューティングについては製品サポート「ナレッジベース」を参照ください。>>ここをクリック

* プログラムが実行中は、コンピュータからスティックを抜かないでください。

Windows Breakerで何ができますか?

Windows Breakerは、ユーザーにWindowsベースのシステムでの認証プロセスのバイパスを可能にします。
パスワードの上書きや変更は行われません、バイパスされます。

Windows Breakerの仕組みを教えてください

Windows Breakerは、起動中にBIOSへアクセスします。
一旦、Windows Breakerがメモリ内に読み込まれたら、ログイン認証を必要としないようにWindows OSカーネルを変更します。

Windows Breakerを使う場合、コンピュータに何か永久的な変更がなされますか?

オペレーティングシステムに加えられる全ての変更は一時的なもので、コンピュータを再起動した際に回復されます。
永久的な変更は一切行われません。

ウィルス対策ソフトウェアがWindows Breakerをウィルスとして検出します。Windows Breakerは悪意のあるコードを含んでいるのでしょうか?

いいえ。
Windows BreakerのコンピュータBIOSへの動作のために、Windows Breakerはブート・ウイルスとして誤って認識される場合があります。
ですが、Windows Breakerには如何なる悪意のあるコードやウイルス複製機能も含まれておらず、如何なる情報も収集しません。
Windows Breakerが行う唯一の作業は、災害復旧、監査、パスワードを忘れた場合、あるいは侵入テストの目的でログイン認証をバイパスできるようにするためWindowsカーネルを変更することです。Windows Breakerをお使い頂く際には、お使いのウィルス対策ソフトウェアを無効にすることを推奨します。

Windows Breakerは、ドメイン・コントローラで動作しますか?

Windows Breakerは、ドメイン・コントローラの認証をバイパスしません。
クライアント・コンピュータ上にドメイン・ログインをローカルにキャッシングするインスタンスがある場合、Windows Breakerを使用できる場合があります。

Windows Breakerは、ハードディスクの暗号をバイパスすることができますか?

いいえ。
Windows Breakerは、Windowsベースのローカル・パスワード認証をバイパスするだけです。

WindowsのEFSが暗号化したフォルダをWindows Breakerを使って読むことができますか?

Windows Breakerは、暗号化されたフォルダへのアクセスを可能にするものではありません。
いかなる場合でも、Windows Breaker(または他のツール)を使用してWindowsアカウントへログインした後、WindowsのEFSベースのログインによって、パスワードをリセットか変更する必要があります。
パスワードと暗号化キーは結び付いています。そして、WindowsのEFSログインのパスワード変更は、EFSフォルダが再びログインを経てアクセスすることができるようになる前に、リセットするためのオリジナルパスワードを必要とします。

Windows Breakerが、BIOS関連のエラーを表示します。何が起こっているのですか?
Windows Breakerを実行するには、BIOSメモリーが小さ過ぎる可能性があり、Windows Breakerはこの様な一部のコンピュータには対応していません。

Windows Breaker USBを使用しても効果がありません。どうすれば良いのでしょう?
いくつかのBIOSとコンピュータ構成は、Windows Breaker USBフラッシュドライブと互換性が無い場合があります。
また、一部のBIOS構成とWindows Breakerには互換性がありません。
Windows Breakerが動作しない場合、パラベンスティックジャパン サポートへアクセスし、BIOSバージョンとコンピューター・モデルをご連絡ください。次期リリースでの修正を検討させて頂きます。