iRecovery Stickなどコンピュータ調査製品の日本公式ウェブサイト
sales@paraben-sticks.jp

Windows Breaker – 詳細

詳細 – 使用方法

Windows Breakerは、Windows kernalを変更することで、一時的にパスワードを不要にし、パスワード保護されたWindowsアカウントへのアクセスを可能にします。
Windows Breakerは簡単に使用できるよう設計されていますが、Windows BreakerのUSBドライブから起動できるようにBIOS設定を変更する方法を知っている必要があります。
BIOSは、コンピュータに電源を入れた時に最初にロードされるソフトウェアです。
このソフトウェアは、コンピュータを起動した時にWindowsを起動するようコンピュータに指示するものです。
ほとんどのBIOSは、USBドライブが検出されている場合は、Windowsがインストールされているハードディスクからではなく、USBドライブから起動するように設定できます。
実際に、いくつかのBIOSは、この方法で起動するように設定されています。
BIOSの設定方法がわからない場合は、単にコンピュータにWindows Breakerを接続して再起動してみてください。
あなたのBIOSがUSBドライブを起動ドライブとするように設定されているなら、Windows Breakerが自動的に起動するでしょう。
Windows Breakerが起動しない場合は、下記のBIOS設定の変更方法を参照してください。

コンピュータのBIOS設定変更:
現在多くの異なるBIOSシステムが存在し、コンピュータの電源を入れたときにBIOSにアクセスするための方法も複数あります。
BIOS起動オプションをUSBに変更する方法を詳細に説明しているいくつかのウェブサイトをご紹介します:

http://www.dosv.jp/feature/1005/20.htm
http://qa.support.sony.jp/solution/S0911241069542/?rt=reco


使用方法

Windows Breakerを接続します
コンピュータのUSBポートにスティックを接続してください。
コンピュータを再起動します
コンピュータが自動的にWindows Breakerを起動しない場合、ブートシーケンスをUSBに変更する方法について上記の説明を参照してください。
アクセスするアカウントを選びます
アクセスしたいWindowsユーザー・アカウントを選んでください。
Windows Breakerを取り外して、再起動します
Windowsが起動し、Windowsアカウントにアクセスすることができます。

* プログラム実行中は、コンピュータからスティックを決して抜かないでください。