iRecovery Stickなどコンピュータ調査製品の日本公式ウェブサイト
sales@paraben-sticks.jp

SIM Card Seizure – 詳細

詳細 – 使用方法

SIM Card Seizureは、デジタル・フォレンジック調査ツールとして、GSMのSIMカードから利用可能なすべてのデータを取得し、データ解析し読み取り可能なフォーマットにする事を目的に徹底的に設計されました。
また、高度な分析を行い、詳細なレポートを作成する機能も搭載しています。


SIMカードから以下のデータを取得します:

  • Phase:フェーズID
  • SST:SIMサービス・テーブル
  • ICCID:シリアル番号
  • LP:優先言語変数
  • SPN:サービス・プロバイダー名
  • MSISDN:加入者電話番号
  • AND:短縮ダイヤル番号
  • FDN:固定番号
  • LND:最後にダイヤルした番号
  • EXT1:内線ダイヤル1
  • EXT2:内線ダイヤル2
  • GID1:グループ1
  • GID2:グループ2
  • SMS:テキスト・メッセージ
  • SMSP:テキスト・メッセージ・パラメータ
  • SMSS:テキスト・メッセージ・ステータス
  • CBMI:優先ネットワーク・メッセージ
  • PUCT:単位当たりの料金
  • ACM:料金カウンター
  • ACMmax:料金限度
  • HPLMNSP:HPLMN検索周期
  • PLMNsel:PLMNセレクター
  • FPLMN:禁止PLMN
  • CCP:機能構成パラメータ
  • ACC:アクセス・コントロール・クラス
  • IMSI:IMSI
  • LOCI:位置情報
  • BCCH:同報送信コントロール・チャンネル
  • kc:暗号化キー

また、SIM Card Seizureは、ツリービュー・プレゼンテーション形式でカタログ・システム全体のデータを取得します。
さらに、未割り当て領域の解析によって、一部の削除されたSMSデータを復元することができます。