iRecovery Stickなどコンピュータ調査製品の日本公式ウェブサイト
sales@paraben-sticks.jp

iRecovery Stick – Q&A

よくあるご質問

その他の良くあるご質問・トラブルシューティングについては製品サポート「ナレッジベース」を参照ください。

* プログラムが実行中は、コンピュータからスティックを抜かないでください。

一般的な質問:

日本語の説明書は付属しますか?

製品に付属の説明書(PDF形式の電子説明書)は英語表記ですが、正規取扱店よりお買い求め頂いた場合、日本語説明書を別途ダウンロード提供しております。
日本語説明書のダウンロードを希望される方は、パラベンスティックジャパン サポートページにアクセスし、サポートチケットを作成してください。

どれくらい前の消去されたデータを復元することができますか?

それは、復元したいデータが消去された時点から、携帯電話に書き込まれた新しい情報の量に依存します。
テキストメッセージを消去してからすぐに別のテキストメッセージを受信した場合、以前のメッセージを復元することはおそらくできないでしょう。
しかし、新しいテキストメッセージが、消去されたメッセージより短く、容量の占有が少ないなら、メッセージの一部を復元する事ができるかもしれません。

復元できるデータの種類は?

iPhoneからテキストメッセージ、連絡先、通話記録、カレンダー・エントリーを復元することができます。

なぜiRecovery Stickは削除された写真、音楽や動画の復元には対応していないのですか?

実際、Appleデバイスのバックアップフォルダには写真、音楽や動画は格納されていません。iRecovery Stickはバックアップフォルダをスキャンするため、写真、音楽や動画の復元には対応していないのです。
写真、音楽や動画はデータの量が多く、もし復元できたとしても完全では無く、使い物にならないデータとなるでしょう。
写真、音楽や動画の復元に対応しているとする他社製ソフトウェアがありますが、それらは単に既にAppleデバイス上に存在している写真、音楽や動画を表示するだけです。削除されてしまった写真、音楽や動画を復元するのではありません。

※削除された写真、音楽や動画が、iTunesによるiPhoneバックアップデータに含まれている場合、iRecovery Stickを使用しiPhoneバックアップデータから削除された写真、音楽や動画の復元を行う事が可能です。

iRecovery Stickをアップデートするにはどのようすれば良いですか?

iRecovery Stickには無料アップデート権が付属しています。
iRecovery Stickをアップデートするには、iRecovery Stickプログラムを起動してから、[Tools]メニューをクリックし、「Check for updates」を選びます。アップデート時にエラーが発生する場合は、こちらをご確認ください。

携帯電話のiPhoneオペレーティングシステム(iOS)のバージョンはどのように確認できますか?

お使いの携帯電話で、[Settings]>[General]>[About]と進みます。

携帯電話のパスコードロックを無効にするにはどのようにしますか?

iRecovery Stickはパスコードロックされた携帯電話では動作しません。
パスコードロックを無効にするには、初めにお使いの携帯電話へアクセスするためのパスコードを知っている必要があります。

一度、携帯電話にアクセスして、[Settings]>[General]>[Passcode Lock]と進みます。

iRecovery Stickは、Macで実行できますか?

いいえ。
iRecovery StickはWindows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vistaベースのオペレーティングシステム上でのみ実行できます。

iRecovery Stickは、Mac上の仮想Windows環境で実行できますか?

いいえ。
iRecovery Stickは仮想Windows環境には対応しておらず、iRecoveryソフトウェアを起動することは出来ません。
※BootCampでご利用頂く事は可能ですが、動作保証は致しかねます。

どれくらいの速さで動作しますか?

一般に、リカバリーにはiPhoneストレージスペース内の1GBにつき20分かかります、しかし、iPhoneの中に極わずかなデータしかないなら、たった15分で完了することができます。
iTunesからバックアップファイルをロードしているならば、データを復元するのに数分かかるだけです。

iRecovery Stickは、私のコンピュータに何かを記録しますか?

はい。
iRecovery Stickは、iPhoneから得られるデータをケースファイルに保存します。
ケースファイルは、デフォルトでは次の場所に保存されます。

Windows 7 — C:\Users\{ユーザ名}\Cases\CaseX.ds

Windows XP — C:\Documents and Settings\{ユーザ名}\My Documents\Cases\CaseX.ds

製品を返品するにはどうすればよいですか?

正規取扱店から購入した場合は、正規取扱店の返品条件に関して正規取扱店へ連絡を取る必要があります。

届いた製品に欠陥があり、修理が必要な場合は、パラベンスティックジャパンまでご連絡ください。

誤ってリカバリースティック上のプログラムを消去したり、ドライブをフォーマットした場合、パラベンスティックジャパンにて製品交換を受け付けています。ただし、往復送料はお客様負担となります。

どうすればアップデートがリリースされたことを確認できますか?

より多くのデータを復元できるようにするため、また新しいiOS(iPhoneオペレーティングシステム)バージョンに対応するため、定期的にアップデートがリリースされます。

プログラムの上部にある[Tools]メニューに、アップデートオプションがあります。
アップデートを行うには、インターネットに接続している必要があります。

これは、iPad/iTouchで作動しますか?

はい。これらのデバイスでも正常にお使い頂けます。ですが、これらの機器ではテキストメッセージや連絡先、通話記録の機能を持たないため多くのデータを得ることは出来ないでしょう。

iRecovery Stickは、電子メールまたはMMSを復元しますか?

いいえ。iPhone、iPad、iPod Touchは、リカバリーに使用されるバックアップファイル内に電子メールまたはMMSメッセージを実際には保存していません。

プログラムとインターフェイスの問題

iRecovery stickを使おうとすると次の問題が発生し、プログラムが実行されません。全てがグレイアウトし、何もクリックすることができない。または、iRecovery Stickを挿入しても全く何も起こらない。何が悪いのですか?

これは、iRecovery Stick上で特定のファイルが見つからないか破損した、あるいは、iRecovery Stickがフォーマットされたときに起こる場合があります。

この問題が起きた場合、パラベンスティックジャパンにて製品交換を受け付けています。

パラベンスティックジャパン サポートページにアクセスし、サポートチケットを作成してください。パラベンスティックジャパンにて製品をお取り換えします。
リカバリースティックが正常に使用できていたが突然使用できなくなったか、あるいは、初めから全く動作しなかったか等、詳細な情報を提供してください。

Windows 7、またはWindows Vistaを使用している場合、iRecoverystick.exeを右クリックし、「管理者として実行」をクリックしてください。
iRecovery Stickプログラムが存在するのに実行されないだけの場合は、これで解決することができます。

USBポートの不具合による場合もあります。別のポートで試すか、別のコンピュータで確認してみてください。

iRecoveryプログラムが以前は動作していましたが、現在は起動しません。何が起こりましたか?

これは、Windowsとの競合が原因で発生することがあります。
「プログラムの追加と削除」でWindowsからParaben’s iRecovery Stickドライバパックをアンインストールし、PCを再起動した後、プログラムを再インストールしてください。

リカバリーを実行しようとすると、iRecovery Stickプログラムが暴走します。どうすればいいですか?

これは、ウィルス対策またはファイアウォールソフトウェアがiRecovery Stickの正常な動作を阻止するために起こることがあります。
iRecoveryソフトウェアをブロックしている全てのウイルス対策、スパイウェア、プログラムを無効にしてから、iRecovery Stickを再インストールしてください。

携帯電話上のデータが壊れているか、PC上で何かがプログラムと競合している場合もあります。
この場合、[Tools]> [Options]にある両方のロギング·オプションをオンにすることで、私たちが現象を確認する助けとなることができます。
プログラムが暴走した後、 C:\Users\{ユーザ名}\Logs (Vista, Win 7)、C:\Documents and Settings\{ユーザ名}\Logs (Win XP)にあるログをパラベンスティックジャパン サポートに送信することができます。
エラーの簡単な説明とPCに関する基本的な情報(実行しているOS、持っているiPhoneのバージョン等)を提供してください。

何らかのボタン、またはボタンの組合せを押す時にいつも、エラーメッセージが表示されます(ミニダンプの作成が表示されるか、強制終了します)。何が悪いのですか?

何かが、iRecovery StickがWindows上で特定の機能にアクセスすることをブロックしています。
iRecoveryStick.exeを右クリックして、管理者として実行してみてください。
それで作動しないならば、別のUSBポートを試すか、別のUSBケーブルを試すか、できれば別のiPhoneで試すか、別のコンピュータで試してください。
それでもまだ作動しないなら、パラベンスティックジャパン サポートページへアクセスし、サポートチケットを作成してください。

ワークスペース(または同じような)が無効であるというエラーが出ます。何が悪いのですか?

[Tools]>[Options]に移動し、ケースファイルのデフォルトロケーションがデスクトップとなるように設定してみてください。

接続とデータダウンロードの問題

リカバリー時の問題については、先ず次の点をご確認ください。
確認後も現象が改善されない場合は、他のFAQを参照してみてください:

1.iTunesがインストールされていることを確認してください

2.iPhoneがパスワードロックされていないことを確認してください

3.携帯電話に有効なSIMカードが刺さっていることを確認してください

4.iPhoneがホーム画面になっていることを確認してください

5.別のUSBケーブルを使ってみてください

6.iPhoneをエアプレーンモードに切り替えてください

7.iRecovery.exeを管理者として実行してください

8.別のUSBポートで試してください

9.別のコンピュータで試してください

10.別のiPhoneで試してください

11.問題を特定するためにできる限り多く可能性を減らすようにしてみてください

12.iPhoneを再起動してください

13.iTunesで復元を試みたいiPhoneのバックアップを作成し、リカバリースティックで作成したバックアップファイルをインポートしてみてください

Start Recoveryをクリックしても携帯電話のイメージが表示されません。どうなっているのですか?

お使いのiPhoneが、iRecovery StickとWindowsに認識されていません。

iTunesがインストールされていて、かつ起動していないことを確認してください。
携帯電話の電源が入っていて、コンピュータの使用可能なUSBポートに接続されることを確認してください。
iTunesがインストールされいて、携帯電話の接続を認識することを確認してください。
他のUSBポート、別のUSBケーブルで試してください。

何を試してもコンピュータがiPhoneを認識しないなら、リカバリーのためにiTunesでバックアップファイルを作成し、リカバリースティックでそれをロードする必要があります。
これで、携帯電話から直接リカバリーを行うのと同じデータを復元できます。

リカバリーの最中に接続が切れました。何が起こったのですか?

最も一般的な原因は、リカバリー中に電話機が着信・メッセージを受信した、または画面がロックされた事に起因します。
リカバリー中にこれらが起こるのを防ぐために、電話を「エアプレーン·モード」に切り替え、画面ロックも無効にしてください。

別の可能性は、iPhone中のファイルが破損している事です。
これを回避するには、iTunesを使用しiPhoneのバックアップを取り、バックアップ·ファイルをiRecovery Stickにロードすれば、すべての利用可能なデータを復元できます。

最後に、ケーブルの不良または欠陥のあるiPhoneがこの問題を引き起こす可能性があります。
iTunesでiPhoneのバックアップを作成してみてください。
バックアップを作成することができるなら、iRecovery Stickにこのバックアップ·ファイルをインポートしてください。
携帯電話から直接復元する場合と同様に、バックアップから同じデータを復元できます。

バックアップ·ファイルのインポート

新しいバックアップ·ファイルを作成する前に、以前のバックアップ·ファイルをインポートすることをお勧めします。
以前のバックアップ·ファイルは、iPhoneですでに上書きされた消去済みデータを含む場合があります。
一度何か古いバックアップ·ファイルを復元したら、同様に新しいバックアップの作成とインポートをお勧めします。

どのようにバックアップからデータを復元しますか?

プログラムのメイン画面で、「Start Import from iTunes Backup」を選択します。

これは、iOS1.X-2.X、3.X、または4.x-5.xを実行しているiPhoneからバックアップを開くオプションを指定できる画面を開きます。
お持ちのiPhoneのオペレーティングシステムを確認するには、お使いの携帯電話の「設定」から、[General] > [About]と進みます。
[Version]という行が、実行しているのiOSのバージョンを表します。

該当するバックアップのインポートを選択した後、manifest.plistファイルを参照するよう求められます。

お使いのコンピュータのオペレーティングシステムにより、バックアップは下記の場所に保存されています:

Win XP, 2000 — Documents and Settings\{ユーザ名}\Application Data\Apple Computer\MobileSync\Backup

Vista, Win 7 — C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

これらのファイルを見るためには、ウインドウ内で任意のファイルを右クリックし、「show hidden files」をチェックし、隠しファイルを表示しなければなりません。

ランダムに名前のついた各フォルダは、それぞれが異なるデバイスからの異なるバックアップである事を意味します。
manifest.plistまたはmanifest.mbdbを選択すると取得が開始されます。

iRecovery StickにロードすることができるiTunesバックアップ·ファイルはどこにありますか?

manifest.plistファイルを開いてください。
バックアップ·フォルダを右クリックし隠しファイルを表示できるようにする必要があります。

Windows XP — Documents and Settings\{ユーザ名}\Application Data\Apple Computer\MobileSync\Backup\{ランダムな数字文字列}\ manifest.plist(またはmanifest.mbdb)

Windows Vista & Win 7 – Vista, Windows 7 — C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\{ランダムな数字文字列}\manifest.plist(またはmanifest.mbdb)

これらのファイルを見るためには、ウインドウ内で任意のファイルを右クリックし、「show hidden files」をチェックして、隠しファイルを表示しなければなりません。

ランダムに名前のついた各フォルダは、それぞれが異なるデバイスからの異なるバックアップである事を意味します。
manifest.plistを選択すると取得が開始されます。

Macコンピュータからバックアップを取得し、Windowsコンピュータにそれをコピーすることができますか?

いいえ。
Macintoshコンピュータのバックアップは、Macのファイルシステム用にフォーマットされているため、Windowsマシンに転送したり、コピーすることはできません。
Windowsマシンで新しいバックアップを作成しても、携帯電話に問題を引き起こすことはありません。

復元されたデータの質問

なぜ、消去済みデータが一つも復元されないのですか?

最も可能性のある点は、復元可能な消去データが存在しないということです。
iRecoveryがマウントするバック·アップファイルは、消去されたデータが復元されたのと同じファイルです。
時には、iPhoneが消去されたメッセージにすぐに上書きをするため、復元ができません。
Appleでは、このデータ上書きに要する全時間は4ミリ秒としています。
他の一般に利用出来るプログラムでは、より多くのデータを復元することはできないでしょう。

復元が完了しましたが、探していたものがありません。何が起こったのですか?

iPhoneは、メッセージを保存することができる、容量の限られたメモリーエリアを持っています。
ほとんどの部分は、携帯電話に保存されたメッセージが取り込まれます。

復元されたメッセージがごく少数の場合、これは携帯電話が他のデータで満杯であるか、あるいは、メッセージが上書きされたためです。

iRecovery Stickを複数回実行したり、別の製品を使用したりしても、iRecovery Stickが既に復元したよりも多くのデータを復元できることは無いでしょう。

マルチメディアのファイルがありますが、それらを開くことができません。なぜですか?

iRecovery stickで復元されたが、正しく表示されないマルチメディアファイルを開くためには、初めにiRecoveryプログラムからコンピュータにそれらをエクスポートする必要があります(ファイルを右クリックして、[Export]を選びます)。
エクスポートすると、通常それらはbinary.binというファイル名になります。
それらのファイルを開くには、拡張子を*.binから*.amrまたは*.wavのいずれかに変更する必要があります。
これらは、音声メモとボイスメールに使用されている可能性の高い2種類のフォーマットです。

それでもファイルを開けられないなら、おそらく破損しているか不完全なファイルであるために、開くことはできません。

復元された写真のいくつかが、表示されません。なぜですか?

iRecovery stick内の正しく表示されない写真を見るためには、初めにコンピュータにそれらをエクスポートする必要があります(ファイルを右クリックして、[Export]を選びます)。
エクスポートすると、通常それらはbinary.binというファイル名になっています。
それらのファイルを開いて表示するには、拡張子を*.binから*.jpgまたは*.pngのいずれかに変更する必要があります。

これがうまくいかない場合は、写真の保存としてはあまり一般的ではない他のフォーマット(例えば*.bmp、*.gif、*.tif、*.wmf、*.emf)のいくつかを試してみてください。
拡張子を変更してみても、正しく開くことが出来ない場合は、そのファイル自体が、おそらく損傷を受けているか破損しています。

データタイプのいくつかは、リカバリー後、空白になっています。なぜですか?

初めに、ダウングレードすることになっても、iTunes 9.2.1をインストールしてみてください。
まだ、Appleのウェブサイトから取得することが出来ます。

また、他の問題として、実際に携帯電話にSMSメッセージが保存されなかったのかもしれません。

iRecovery Stickをアップデートしてみるか、またはバックアップを作成してそれをインポートしてみてください。

ケース·ファイルはどのように保存できますか?

メニューの[File] > [Save as]を選択し、後で分かる様に名前を付けて保存してください。
ただ「case 1」とするのは止めましょう。

ファイルは{ファイル名}.dsとして保存されるはずです。そして、そのファイルを別のコンピュータへ転送することができ、そこでまた表示する事ができます。
また、拡張子が.dsのファイルなので、Paraben’s Device Seizureをお持ちなら、それで開くことができます。

以前に実施したリカバリーから、どのようにケースファイルを開くことが出来ますか?

iRecoveryStick.exeを起動し、ワークスペースを開いて、ケース·ファイルを選びます。

対応オペレーティングシステム:
Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista