iRecovery Stickなどコンピュータ調査製品の日本公式ウェブサイト
sales@paraben-sticks.jp

iRecovery Stick – 詳細

詳細 – 使用方法

通常、携帯電話から消去されたデータの復元は、コンピュータ·フォレンジック調査、または携帯電話のファームウェアをアップデートするために設計された特別なソフトウェアを用いてのみ可能です。
SIMカードから消去されたテキスト·メッセージを復元する多くの製品があります。
しかし、
iPhoneはユーザデータをSIMカードに格納しないiPhoneユーザーに不都合な製品です。

iRecovery Stick(リカバリースティック)は、世界中の法執行機関とコンピュータ·フォレンジックの研究者によって使用されているものと同じパラベン社製のコンピュータ·フォレンジックソフトウェアを使い、iPhoneを変更することなく、可能な限り多くのデータをダウンロードします。

手順は簡単です。

お使いのiPhoneをWindowsコンピュータに接続します(iTunes同期が開始された場合は、キャンセルしiTunesを終了してください)。

リカバリースティックをコンピュータへ接続します。

リカバリースティックのドライブを開き、iRecovery.exeプログラムを実行します。

プログラムの起動後に「Start」ボタンをクリックすると、復元プロセスが開始されます。

深いレベルのデータ復元のために、プロセスが完了するまでに15分∼数時間かかることがあります。

完了後、すぐにiPhoneから復元された全てのデータを見ることができます。

大部分のデータは、これまで消去されなかった通常のユーザデータでしょう。
また、復元された全ての消去済みデータを簡単に見ることができます。

携帯電話の消去済みデータは、扱いにくいものです。
携帯電話がデータを消去するとき、削除済みとしてデータをマークし、以後、表示する事はありません。
このデータは、すぐに上書きされるかもしれません、しかし、新しいデータが上書きされるまでリカバリーために利用できるかもしれません。
ほとんどの携帯電話では、新しいデータは最初に消去されたスペースへ上書きされます、したがって最も新しいデータだけを回復することができます。

iTunesのバックアップファイルからのデータの復元

iRecovery Stick(リカバリースティック)は、Windowsベースのシステムに保存されているiTunesバックアップファイルから消去されたデータを復元することができます。
リカバリーを行う場合は、iTunesバックアップファイルを選択するだけです。iTunesのバックアップディレクトリへ移動し、manifest.plistファイルを選択して、リカバリーを開始します。
携帯電話のバックアップ·ファイルが作成された時点と同じ情報が得られます。


使用方法

iRecovery Stick(リカバリースティック)を接続します
初めに、コンピュータのUSBポートにリカバリースティックを挿入してください。
iPhoneをコンピュータに接続します
iPhoneに付属する接続ケーブルを使用し、iPhoneをリカバリースティックを接続したコンピュータに接続してください。
iTunesを終了させます
iTunesが自動的に開く場合は、次のステップへ移る前に必ず終了させてください。
iRecovery.exeを起動します
コンピュータが新しく挿入されたUSBメモリの内容を表示するかどうかの確認を表示しない場合は、「マイ コンピュータ」に移動し、手動でリカバリースティックUSBメモリのドライブを開いてください。iRecovery.exeをダブルクリックして起動してください。
携帯電話のイメージをクリックします
コンピュータへ正しく接続されている場合、携帯電話のイメージ(アイコン)が表示されるはずです。イメージをクリックし、説明に従ってください。
結果を見ましょう
データのリカバリーが完了したら、リカバリースティックのプログラム内に搭載されている特別なビューアーで携帯電話からの全データを確認することができます。

対応オペレーティングシステム:
Windows XP、Windows 7、Windows 8

* プログラム実行中は、コンピュータからスティックを決して抜かないでください。